Share

  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ドラマチック!キューバ国旗に秘められた意味

キューバ国旗に込められたドラマチックな意味を知っていますか?
Flag of Cuba

国旗にこめられた想い

一つ星 … 自由と独立

… 独立への戦いで流された

三角形 … 力強さ、普遍性

2本の白線 … 理想の純潔性と光

3本の青い線 … キューバを構成する3つの地区 (植民地下のキューバは、中央、西部、東部の3つの地区に分かれていました)

独立のための戦い

独立のための戦いというと、チェ・ゲバラとフィデル・カストロのキューバ革命を思い浮かべますが、アメリカからの経済関与を深く受ける前にはスペインの植民地支配を受けていました。この国旗は、1849年、ナルシソ・ロペス将軍がそんなスペインからの独立闘争のためにキューバに上陸する際に依頼して作成したものだそうです。

元のモチーフは、ある朝ロペス将軍が目にした朝焼けの風景から来ていると言われています。

夜明けを告げる赤い三角形の雲が、明けの明星、金星を照らしていた。やがて三角の雲が2つの白い雲となり、青い3本の光る天空が分かれて出来た。

残念ながらロペス将軍は、1951年、戦いの中でスペイン軍に捕まり、処刑されてしまいます。彼の出生はベネズエラ。チェ・ゲバラもアルゼンチン。外国から素敵な心の持ち主を不思議と惹き付ける国なのかもしれませんね。

参照:Wikipedia 

キューバ革命史

photo credit: Flying the flag via photopin (license)

スポンサーリンク
sponsored link

Share

  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク
sponsored link

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ